政治の最近のブログ記事

2011 May 21

ついに地方議員年金廃止へ!

地方議会議員年金制度の廃止について.pdf

 

520

 

ついに地方議員年金廃止へ!

 

今日、地方議員年金廃止法(地方公務員等共済組合法の改正)がようやく参議院で可決し、成立しました。区議会議員になったときから、これはまさに議員特権であり廃止すべきである、と訴え続けてきました。とくに私は25歳で区議にさせていただきましたから、12年の年数、つまり37歳まで区議を務めると将来年金をもらえる資格を得てしまうことになり、あまりの制度のおかしさを感じてきました。また国民年金への不信が高まり、失われた年金問題が発覚し、多くの国民が年金問題を何とかしてほしいと切に願っている中で、議論している議員は全く別の制度で安穏としていて、誰が年金議論を信じるのだ、とも訴えてきました。これで私も皆さんとの約束の一つが実現できたんだと思います。議員は特別な存在ではない、ということを皆さんに理解してもらうためにも、また政治不信を払しょくするにも、「まず隗よりはじめよ」です。

少しずつですが政治が変わりつつあります。

 

今回の統一地方選挙でも、争点となった自治体もありましたが、今後は地方自治体の首長(知事、市区町村長)の高額な退職金についてもしっかりと議論していかなければならないと思います。

==================
以下、朝日新聞記事引用開始

地方議員年金の廃止法成立 制度清算の公費負担1兆円超 5月23日 朝日新聞/asahi.com

http://www.asahi.com/politics/update/0520/TKY201105200518.html

 地方議員年金を廃止する改正地方公務員等共済組合法が20日、参院本会議で可決、成立した。地方議員が減って制度の維持が難しくなったため一時金などの支払いで対応する内容だ。

 改正法では現職議員に掛け金総額の80%を一時金として支払い、在職12年以上の現職は一時金か、年金を受け取る。退職議員にも継続して年金を支払う。

 地方議員年金は議員の掛け金と公費でまかなっているが、自治体の財政難や市町村合併で掛け金を支払う議員が減り、市議や町村議の年金財政が破綻(はたん)するおそれがあった。民主党は昨年11月、廃止を菅政権に提言し、政権が通常国会に法案を提出。一時金の額は総務省の検討会が2009年に64%の案を出したが、地方議員の要望で80%にした。

 支払い不足分は地方交付税などで手当てするが、総務省の試算では対象者全員が一時金を選ぶと総額1兆1400億円、年金を選ぶと1兆3600億円の公費負担になり、対象者がいなくなるまで約60年かかる。

以上、引用終わり

2009 Dec 6

都連大会、藤田のりひこ国政報告会

12月5日 

今日は朝から冷え込み、夕方からは雨が降り、冬本番の一日でした。皆さん、風邪などひかれていないでしょうか?私は午前中に民主党東京都連総会、午後は地元藤田のりひこ衆議院議員の国政報告会に参加してきました。

総会は都議選・衆議院選が終わって初めてでありましたので、東京の議員が一同に集まりました。

都連総会.jpg

その中で大きな発言は今年の参議院選で3人目の候補についての話です。まだ、候補者は全く白紙のようですが、私たちの代表としてしっかりと国に意見できる候補を都連としても擁立していくことが大切です。

藤田のりひこ国政報告は土曜午後、雨の中といった万全ではない環境の中ではありながら、会場一杯になるほどの人が集まり、大変活発な議論がなされました。京浜病院の熊谷院長からもあったように、政治家の報告会で質問に次々と手があがり、時間がなくなってしまうなどというものは、私も今まで見たことがありませんでした。集まった皆さんの意識の高さはもちろんのこと、政治への、民主党への関心の高さを身をもって感じることができました。厳しい意見もありましたが、オープンに議論していくのが民主党のこれからの政治スタイルだと思っています。

1205国政報告会①.jpg

1205国政報告会②.jpg

私も来年年明けには都議会報告を行いたいと思います。その際は是非皆さんお越しください。

 

2009 Nov 26

民主党全国研修会

11月25日 

民主党が政権交代をして、新しい政府としてスタートしてから初の全国地方議員研修会が、都議会の隣、京王プラザホテルで行われました。

私が秘書を務めていた細野豪志組織委員長が、実行委員長として開会挨拶を述べ、高嶋良充筆頭副幹事長、逢坂議員、管直人国家戦略担当大臣と話が続きました。質疑の中では、これまでの街づくり交付金が削減されることへの不安、新陳情システムへの不安等、様々な意見が出されました。すべてが新しい試み、様々な軋轢が、不安が生じるのは当然であります。地方分権国家を目指す民主党にとっては地方の声を聞くこと、地方議員を増やすことが求められます。

更なる地方議会との交流、意見交換の場、研修会の充実を望むところであり、私も要望していきたいと思います。

 

1125全国研修会②.jpg1125全国研修会.jpg

 

2009 Nov 6

東京湾を海から見てみよう!

11月4日 東京湾を海から見てみよう!

羽田空港の第4滑走路が姿をあらわす今、そして東京湾の新しい姿をこれから描いていかなくては
ならない中、実際海からその姿をみたことがある方はどれだけいるでしょうか?

そんな話を都議会一期生の皆さんとしていたら、実際みたことのない人が多数でした。

百聞は一見にしかず、ということで、有志11名と大森から漁船にのりこみ、東京湾をぐるっと一周の視察を行いました。

朝9時に現地集合。寒さ厳しき中でしたが、
海老取川
羽田空港
中央防波堤新海面埋立地
海の森
東京湾臨海道路
辰己水門
東雲水門
豊洲運河
豊洲水門
豊洲移転計画地
芝浦埠頭
芝浦アイランド
天王洲水門
目黒川水門
京浜運河
勝島運河

と回ることができました。参加者皆東京湾のイメージが変わったといい、東京は海の都市であることを再認識してもらいました。

船上視察.JPG


朝一番から快く漁船をだしていただき、また詳しい説明までいただいた東京湾遊漁船業協同組合のみなさん、飯島理事長にはこの場をお借りして御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

小学生のかさご放流の体験学習
修学旅行生の江戸前体験
親子釣り教室

http://www.tokyowan-yugyosen.or.jp/

さまざまな企画で皆を啓発していることに改めて敬服いたします。

ともに東京湾の自然を守っていくために今後も努力していきます。

船上視察後.JPG

2009 Nov 1

名古屋の総理、河村たかし市長参上

10月30日 名古屋の総理、河村たかし市長参上

今日は河村たかし名古屋市長の東京でのパーティーでした。

私にとっては自転車街宣の師匠。

そして事務所開きに名古屋から新幹線で駆けつけていただいたこともあり、感謝の気持ちを持って当選報告をさせていただきました。

あいかわらずの力のこもった演説で、乾杯の一言が20分にもおよび、途中で止めがはいるほどでした。

しかし、税金を一円でも減らす減税革命の考えは、実現は困難なものの市長が一貫して訴えてきたことであり、それを誰もが望んでいることは確かです。

今日は私が市長から逆にパワーをいただいた気分でした。

河村たかし.JPGのサムネール画像

2009 Oct 27

築地市場視察

10月26日 築地市場視察

築地移転NO!現地再整備の検討を訴えている我が民主党の一回生は今朝現地の視察に行きました。

集合は朝4:30。しかも雨。大変なコンディションでありました。

が、ほとんど全員が参加し、市場長からの説明を受けながら全体を見て回りました。

私も朝のせりが行われている時間に、すべての現場をみるのは初めてであり大変勉強になりました。

わかったことは、移転にせよ、現地再整備にせよもう待ったなしの状況であること。
大変老朽した現場は安全面でも、効率面でも限界に来ていること。

特別委員会も設置がされました。

知事も再整備案があるのであればの話を聞くこともやぶさかでないようです。

しっかりと議論をし、これ以上市場関係者に負担を負わせることを少しでも少なくしていくことが求められています。

築地③.JPG築地②.JPG築地①.JPG

2009 Oct 10

経済・港湾委員会 初質問

photo 634.jpg10月6日 経済・港湾委員会 初質問

   8日 経済・港湾委員会 質問二日目

6日・8日と初めての質問に立たせていただきました。
それぞれ一時間ずつ、合計2時間の時間を割きました。

内容としては
・新銀行東京の経営状況
・羽田空港の国際化に伴う観光振興、まちづくり
・東京湾の水上ネットワークの可能性、水質改善
・大田市場の運営・整備について
・東京国際映画祭の運営

を中心に議論をしました。

区議会の時とは大きく異なり、質問内容と答弁がほとんど事前に決まってしまいます。
その場で思いついたことを聞くのは慣例としていないとのことでありました。

特に新銀行のことに関しては、前日の夜中まで答弁の確認を求められました。

もちろん、事前の確認や、細かい数字等はその場では答えられないこともあるかもしれませんが、すべて質問も答弁も決まってしまっているなら、委員会は朗読大会となってしまいます。
緊張感ある委員会にするためにも、またお互いが切磋琢磨するためにも、少しずつそのような慣習を見直していく必要があるのではないかと思いました。
と、いいながらも新銀行の質問に関してはその場でかなりやりとりをさせていただき、答弁をしてもらいました。

全文はまた後ほど掲載させてもらいます。

2009 Oct 3

民主党東京第3区国政都政報告会

10月2日 民主党東京第3区国政都政報告会

今日は当選してから初の国政都政報告会を大井町きゅりあんで行いました。

まつばら仁衆議院議員をはじめとし、都議会区議会が一同に集まりました。

参加者も会場いっぱいに集まり、民主党への期待をひしひしと感じました。

期待が大きい分しっかりと仕事をして皆さんの声に応えていきます。

今後とも応援のほどよろしくお願いします。

2009 Sep 30

東京消防庁視察

9月29日 東京消防庁視察

今年8月31日から開始された「救急医療の東京ルール」。都議会民主党の議員団は、救急医療体制のさらなる構築をめざし、緊急搬送体制の状況を確認すべく、9月29日、東京消防庁(千代田区大手町)の視察を行いました。

救急相談センター.JPG

♯7119に対応する救急相談センター。♯7119とは、救急車を呼ぶべきかどうか等を、医師や看護師らが24時間体制で相談に乗ってくれる「救急安心センター」の電話番号。東京消防庁は07年から同じ番号で「救急相談センター」をスタート。08年の受付件数は1日辺り763件。

司令塔内部.JPG

司令塔内部。119番を受けて救急隊の出動を調整する部門と到着した後に搬送先を調整する部門(コーディネーター)とに分かれる。写真に写っているのは、東京消防庁だけに配置されている「救急隊指導医」。31の医療機関と連携しており、専門医療の助言を受ける。

<救急医療の東京ルール>

1.救急隊が、まず直近の5つの救急医療機関を選定し、受け入れを打診。

2.受け入れ先が見つからなかった場合、地域救急センターに依頼し、地域内において調整を開始。

3.地域救急センターで地域内調整がつかなかった場合には、東京消防庁指令室(コーディネーター)が他地域での搬送先を調節する。

 

 

2009 Sep 27

事業仕分け

9月26日 事業仕分け

昨日の夜(というか夜中12時)から、今日は千葉県館山に行ってきました。
メンバーは、鈴木都議、神野都議、西沢都議の3人です。

館山といっても釣りにいってきたわけではありません。

「事業仕分け」の現場を視察に行ってきました。

皆さん「事業仕分け」はご存知ですか?

事業仕分けは構想日本が2002年より行ってきたものです。

●事業仕分けとは?(構想日本HPより)
・実施する自治体職員と「構想日本事業仕分けチーム」(他自治体の職員、民間、地方議員などで構成)が侃々諤々の議論をする
・国や自治体の行政サービスについて、予算事業一つひとつについて、そもそもその事業が必要かどうかを議論
・必要だとすると、その事業をどこがやるか(官か民か、国か地方か)を議論
・最終的には多数決で「不要」「民間」「国」「都道府県」「市町村」に仕分け
・「外部の目」(特に他自治体職員。いわゆる「同業他者」)を入れる
・「公開の場」で議論する(広く案内し誰でも傍聴できる)
・「仕分け人」はボランティア(企業がコンサル業務を行うのではない)

行政の事業はなかなか一度始めてしまうと、前年度踏襲という原則のもとやめられないのが現実ですが、それをもう一度本当に必要なのか外部の目を入れ総チェックしようというものです。

館山市においては、
・放課後子ども教室推進事業
・50メートルプールの管理・運営
・老人福祉センターの管理

の事業仕分けを見学させてもらした。

放課後子ども教室推進事業においては、学童保育との差別化ができておらず、そもそも別々にやる必要があるのか?縦割り行政の中でできないだけではないのか?
パソコン教室が主な事業となっているが、本当にこの内容でいいのか?
地域の力を借りるならもっと多様なプログラムが考えられるはずである。・・・・・等々

大変活発な議論が繰り広げられました。

プールについては、そもそもこのような大きなプールが市の管理のもと必要なのか?
温水プールも市では運営しているが、両方を持つ必要があるのか?・・・・・等々

といった厳しい議論となり、担当者も見直しが必要との認識を新たにするまでにいたりました。


行政では当たり前の感覚で行われていたことが、外部の目を入れると大きくその見方は変わり、またそのやり取りを市民も実際にその目でみることで自分たちの問題としてとらえることができ、行政への関わり、興味をもつ大きなきっかけになることを強く実感しました。

視察メンバーとは、ぜひ東京都でも行いたい、との意見で一致。

ぜひ力を合わせて東京都での実施を提案していきたいと思います。

CA3A0169.JPG